ワクワクメールの出会い系サイトでセフレを作りたい方へ

ワクワクメールは老舗の出会い系サイトで、セフレを作った人はたくさんいますよ。

私自身も複数のセフレをワクワクメールの出会い系サイトで作り、今もセフレ作りに励んいます。ここではセフレ作りをどうやって作ればいいか紹介します。

難しくないので、すぐに実行できますよ。参考にしてくださね。

自分のプロフィールを充実させること

出会い系サイトでコメントをしても自分のプロフィールがしっかり記入されていないと女性にコメントを出しても返信がきません。

セフレになるには女性と知り合うことからしなければいけませんから、自分のプロフィールが充実していれば、女性から男性に安心して返信できる材料になるのでプロフィールはしっかり記入しましょうね。

下記にワクワクメール内にあるプロフィールの書き方の説明をします。

  • 住まいは都道府県・市町村を記入
  • 身長・スタイル・ルックス・職種・星座・血液型・煙草を吸うか・お酒を飲むか・年収

この中で年収が低くて記入したくない方は年収は未記入で大丈夫です。年収が普通以上の方は必ず記入してくださね。

  • 興味があることを記入。ピュア設定に関してはすべてチェックしてください。アダルト設定は1つもチェックしない方がいいです。セフレが欲しいからと言ってアダルト記入してあると女性はひいてしまう可能性があるからです。
  • 自己評価の☆マークをつける

自己評価は普通以上でつけてください。女性は男性の自己評価をひそかに見ていますよ。注意してほしいのは、自己評価が良すぎると女性は男性のことを疑ってしまうことがあるから評価の高さはほどほどでお願いします。

  • 一口コメントをしっかり記入すること

自由コメントははセフレが欲しいからセフレ募集とは記入しないで、普通に友達が欲しい・趣味友達になりたい・気楽な相談相手になりたいなど女性が好みそうなコメントを記入してください。

また趣味・髪型・性格・望む相手・車の所有は記入してくださいね。

  • 写真を載せる

写真を載せると女性から返信がきやすいです。

しかし、私みたいに不細工な人が写真を載せてしまいますと女性から返信が来ませんから、言葉が悪いですが不細工な男性は女性と信頼関係ができて女性から写真が見たいと言ってきたら出会い系サイト外で個人的に写真の交換をしてください。

どんな女性にコメントを出せばいいのか

出会い系サイト内でどんな女性にコメントを出せば出会えてセフレに持っていくことができるかと言いますと、できるだけ女性を選ばないことです。

確かに若くて綺麗な女性をセフレにしたいという願望が強いのは分かりますが、若くて綺麗な女性は非常に競争率が高いですからセフレまでに持っていくことはまれです。

年齢が高くても、多少不細工な女性でもどんどんコメントを出していけば返信がかえってくる確率が高いです。

私は年齢・容姿に関係なく女性にコメントを出してたくさん返信きてセフレまで持っていきます。

もちろんその中に綺麗な若い女性もいますし。おばさんや不細工な女性もいます。しかしおばさんでも昔綺麗でエッチのテクニックがうまかったり、不細工な女性でもおごってくれてエッチができる場合もありますよ。

複数人とサイト内でやり取りすること

一人の女性だけにターゲットを絞って連絡をとっていても、途中で途切れてしまう可能性がありますから、複数の女性とやり取りをしてくださいね。

その時に女性とコメントした内容を覚えておくようにスマホや手帳などに重要な話を箇条書きを書いておくと複数の女性とやり取りがスムーズにいきますよ。

信頼を得ることが大事

出会い系で仲良くなったら個人のSNSで連絡交換して会う約束をしてください。

もしも女性がまだ会えないと言ってきても焦らないで女性が会いたいと言ってくれるまで、やり取りを続けてください。長い月日でやりとりすれば、女性が心を開いて会ってくれますよ。

すぐにセフレになろうとしない

女性とデートをしてすぐにセフレになろうとしないでください。

もちろんすぐにセフレになる雰囲気があったらセフレになっても大丈夫ですが、出会って仲良くなってからエッチをしたい女性もいますから見極めが非常に大事になります。

見極めは女性のボディタッチや寂しさ・ストレス・日常の不満があればセフレにもっていきやすいです。

まとめ

上記がワクワクメールの出会い系サイトでセフレの作り方を書いていきました。セフレ掲示板を使わないでもセフレにはなることができますよ。

もちろんセフレ掲示板でセフレを作ることは否定しませんが。上記に書いたことを参考にしてワクワクメールの出会い系サイトを使いこなしていけば女性と出会い、セフレの関係まで行くことができますよ。頑張ってくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする